言葉遣いに気を配る

看護師は毎日、多くの患者さんと接することになると思います。1日に何十人という患者さんと接する看護師もいるでしょう。患者さんはそれぞれ症状も異なりますし、性別や年齢も違っています。そのため、うまくコミュニケーションが取れない患者さんも中にはいることでしょう。

看護師は、病院に勤務している医療従事者の中で一番患者さんと接します。そんな看護師が患者さんに安心感を与えるために大切なのは、言葉遣いです。看護師はどんな患者さんと接する際にも、患者さんを不安にさせてしまうような言葉遣いは避ける必要があります。いつ、誰とでも、どんな時でも気持ち良く対応をするためには、やはり敬語が欠かせません。最近は敬語を使えないという人も増えてきていますが、看護師という仕事をしている以上、敬語はしっかりと身に着けておかなければいけません。丁寧な言葉遣いや敬語を使いこなすことができれば、言葉や話し方に余裕が生まれ患者さんに安心感を与えることが出来ます。時と場合によって、敬語ではなく丁寧語を使った方が良いこともあれば、謙譲語を使った方が良いこともあります。これらの言葉を身に付け、臨機応変に使い分けすることが出来れば、より患者さんとのコミュニケーションも上手に取れる様になるでしょう。患者さんにとっても、その場に合わせた会話が出来る看護師となれば、信頼感も大きくなるはずですよ。単に、敬語を使えば良いというわけではなく、その場に応じた言葉遣いが出来ることが大切となってきます。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.